吉田製作所「ヨシダヨシオ」氏の顔画像を調査-過去の炎上理由や年収情報も

物づくり・DIYをはじめ、ガジェット紹介をするYouTuberの吉田製作所の中の人ことヨシダヨシオさん。デジモノの評判をチェックしている方にとって忖度ナシでレビューしてくれる彼の動画はとても参考になると思います。

ただ、動画をチェックしていて「ヨシダヨシオさんの顔ってどんな感じなんだろう」なんてふと感じることってありますよね。

そこで、この記事では吉田製作所-ヨシダヨシオさんんお素顔をはじめ、過去の炎上理由や年収についてリサーチしてみました。

吉田製作所「ヨシダヨシオ」さんの顔を調査した結果…

2020年現在もなお一切顔を出さずに動画を投稿しています。

ただ本人曰くご自身のことを「ブサイクだ」と語っており、リスナーの多くが抱いている“今後は顔出しする予定はないのか?”といった疑問に対して「今以上に嫌われたくないので顔出しはしない」と公言しています。

ヒントとして吉田製作所のアイコンは本人の顔に寄せているとのこと。


髪型はちょっと薄め、髭が濃い目の感じでしょうか。イラストを見る限り輪郭がしっかりしているお顔なのかもしれません。

今後顔出しする予定が無いのは残念です。再生回数を見ている限り顔出しせずともガッツリ再生を取れているので、顔が見れる日が来るかどうかは怪しいところ。

でも、ファンとしてはほんの少しでも良いので確認したいですね。

吉田製作所-ヨシダヨシオさんが過去に炎上した理由

冒頭でもお伝えした通り、世間で絶賛されているデバイスに対して躊躇なく本音でレビューします。(これがそもそも炎上狙いなのかどうかは分かりませんが。)

さらには、レビューするだけでなく分解したりもするので、そのメーカーの信者からすれば彼の行動・言動が勘に触ってしまうケースも。つまり、吉田製作所もといヨシダヨシオさんのファンも多い反面、アンチもそこそこ居るワケですね。

で、ヨシダヨシオさんの生配信でアンチが多く湧いて彼が答えられないような質問をガツガツぶつけた。そして、その結果「炎上」みたいな状態になって配信できなくなってしまったのです。

とはいえ、上述の通りSNSをチェックしてみると吉田製作所の動画に対して「炎上を狙っているのでは?」なんて意見もチラホラ見受けられます。

ご存知の通り、吉田製作所は上記以外にも軽く炎上しています。

2020年5月「新型iPhoneSEをレビューして炎上」

iPhoneSE2がリリースされた当初のレビューではかなり良い評価をしていました。

しかし、その3日後に投稿された動画では…


「片手で操作しにくい」、「SDカードが使えない」、「デザインがやっぱりダサい」、「画面のベゼルが太い」、「USB-Cじゃなくてライトニングなのが嫌だ」…などなど、いつものようにiPhoneを酷評しました。

iPhone SE2の件だけでなく、こういった商品レビュー後のプチ炎上というか批判はいつもの流れですね。

2020年7月「Twitterブロックでネガティブツイートが大量に」

ヨシダヨシオさんのTwitterをフォローしているユーザーの多くが「何故かブロックされてしまった」と報告していました。

アンチだけでなく、Twitter上で誤字を指摘するリプライを送ったユーザー等も含めてすぐにブロックすることでも知られていますが、ここ最近だとこのブロック行為が原因で彼を批判する声も増えています。

吉田製作所の年収・収入

2018年の時点ではYouTubeの収益について以下のようにツイートしていました。


ここからチャンネル登録者数・再生数ともに伸び続けていき、2019年後半に公開した収益では月収500万円をオーバー。時期によって上下すると思いますが、月数百万円単位でキープしているでしょうね。

その後2020年に広告が剥がされてしまったようですが、現在は無事に復活している様子。

「破産」という単語をよく使っていましたが、数千万円の年収を考えるとちょっと見方が変わってしまいますね。

YouTubeの前はブロガーだった

ヨシダヨシオさんは元ブロガーでしたが、時代の流れと共にブログから動画へ移行。現在ではブログはオマケで主軸はYouTubeに切り替えているようです。

住所は群馬県らしい

ご本人も語っているように、ヨシダヨシオさんの住所は群馬県内とのこと。噂では前橋市あたりのようです。

吉田製作所の素顔・炎上情報まとめ

さて、今回は吉田製作所の顔に関する情報を中心に調べてみましたが、残念ながらお顔を見ることは今後も難しそうです。

」「イラストに近い顔」とのことなので、あのアイコンが喋っている様子を想像しながら今日も吉田製作所を楽しむとしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です