おみくじの大凶・凶・末吉・小吉・大吉の確率や意味!順番は?

今回は、おみくじの大凶・凶・末吉・小吉・大吉の当たる確率や意味を初めとして、順番についても見ていきたいと思います。

お正月に初詣に行き、そのときにおみくじを引いてその年の運気を占う人も多いと思います。

  • 「1年の始めから凶とか引いちゃったら嫌だな…」
  • 「というか、大吉ってどれくらいの確率で引けるものなの?」

おみくじを引く上で、何だかんだ分からない部分って多いですよね。

おみくじの正しい順番やそれぞれ出る確率、意味を見ていきます。

おみくじの正しい順番

大吉、中吉、吉、末吉、凶、大凶…。
おみくじを引くと種類がたくさんあって、どれが一番良いのか分からなくなることがあります。

末吉と半吉ってどっちが良いの?

こっちの神社には末小吉があったけどあっちの神社には末小吉がなかった!これってどういうことなの?
色々と疑問が出てきますが、正しい順番はどのようなものになっているのでしょうか。

日本中の神社を包括している「神社本庁」によると「大吉、吉、中吉、小吉、凶」の順番であるとされています。
ただし、これは必ずこの順番にするように決まっている訳ではないようです。

神社によっては多少順番が変わったり、種類(末吉、半吉、平など)が増えたりすることもあります。
中には「凶が出て縁起が悪い!」と苦情が来て凶をなくした神社もあるとか…。

大吉が出る確率

前述しましたが、おみくじの吉凶の順位や種類は神社によって異なり、例えば大吉を多めに入れておくなど各自で配分を変えることが可能です。

それを踏まえた上で、現在のおみくじの創始者と言われている延暦寺の高僧・元三慈恵大師良源が定めた割合が「元三大師御籖帳」に記載されていまので、見ていきましょう。
それによると、大吉が出る確率は16%です

吉が出る確率

吉が出る確率は35%で、一番よく出るようです。

大吉と合わせると、半分は良い結果が出るようになっていることが分かります。

凶が出る確率

凶が出る確率は29%です。
ちなみに、「凶のおみくじを利き手と反対の手で結ぶと凶が吉に転じる」という説もあります。

利き手と反対の手でおみくじを結ぶことが困難であり、それを達成したということで修行をしたとみなされるからだと言われています。
試しにやってみても良いかも知れませんね。

その他(中吉、小吉、末吉、大凶など)が出る確率

大吉、吉、凶以外の残り20%から各々自由に配分を決めることが可能です。

大吉の意味

大吉は「大吉日」の略で、大吉日は「この上なく運勢に恵まれる日」という意味があります。

つまり、大吉は「おみくじを引いた日が運勢に恵まれた縁起の良い日になる」と解釈出来ます。
ですので、大吉を引くと多くの人が嬉しくなります。

しかし、逆に言うと「今が良い運気のピーク」とも解釈出来ます。

ピークを迎えた後は運気が下がる一方という可能性もある訳です。
大吉を引いて嬉しい気持ちは分かりますが、あまり浮かれないで謙虚な気持ちで過ごす方が良いかも知れませんね。

中吉の意味

大吉や中吉などの「吉」には「縁起や運勢が良い」という意味があります。
中吉は、「大吉よりは良くなく小吉と凶よりは良い」という意味があります。

小吉の意味

「大吉、中吉よりは良くないがどちらかというと吉(=良い)である」という意味があります。

吉、末吉の意味

吉には「立派、めでたい」という意味があります。
ですので、運気としては良い状態であると言えます。

一方、末吉って何だか微妙!良いのか悪いのか分からない!という印象がある人もいるかと思いますが、末吉にはどんな意味があるのでしょうか。
末吉は「現在は好運じゃないが後(=末)には吉になる」という意味があります。

あまり良くない微妙な運勢という印象がある末吉ですが、後には運気が上がってくるという意味があると知ったら、何だか悪い気がしませんね。

凶、大凶の意味

凶には「運気が悪い、縁起が悪い」という意味があります。
そして、大凶は「運気や縁起がこの上なく悪い」という意味があります。
やはり、凶や大凶には良い意味はありませんね…。

そのため、凶や大凶を引くと多くの人がガッカリな気分になります。
ですが、今が運気の底であるなら、この後は上がる一方という解釈も出来ます。

必要以上にガッカリせず、これから運気が良くなるはずという期待を持ちましょう。

おみくじの結果で一喜一憂してしまいがちですが、当然おみくじの結果で今後の人生が決まってしまう訳ではありません。
おみくじは何かと迷いがちな人生の様々な悩み事を乗り越えるためのアドバイスでしかなく、結局は自分自身の行いや心掛けが今後の人生に深く関わってくるのです。

良い結果が出たら調子に乗らず謙虚に受け止め、悪い結果が落ち込まずに出てもいずれ好転するという希望を持って過ごしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です